医師・スタッフ紹介
高橋史朗院長

・ 学位 岡山大学医学博士
・ 母体保護法指定医
・ 日本産婦人科学会認定医

高橋史朗院長

当院は、昭和35年に前院長 高橋正文が当地にて開院いたしました。 平成4年より、現院長である高橋史朗が旧医院を改築し、診療を開始して現在に至っております。
これまでに、私どもは、約8,000人の新しい生命の誕生に立ち会ってまいりました。 当院で誕生された方々が出産のために来院されるようになり、2世代にわたって、出産のお手伝いをさせていただいております。
当院では、妊産婦の安全なお産を最優先し、ラマーズ法を用いた自然分娩を中心に分娩介助をおこなっております。 そのために、妊婦健診や母親教室の充実を図り、さらに、最新の医療器械を充分に用いて対応しております。 市民病院・徳大周産期センター・徳島日赤・県立中央病院との病診連携を深め、さらに安全性を向上させるよう常に努力を重ねております。
また、患者様の快適性を高めるために院内の清潔な環境や食事に出来る限り配慮しております。 さらに、ご希望に合わせてご家族の立ち会い分娩・母子同室を実施しております。
皆様おひとりおひとりのバースプランを私どもにお聞かせいただいて、より良いお産ができますように、共に考えて実行していきましょう。

<略 歴>

昭和53年

杏林大学医学部卒業

昭和53年~

岡山大学医学部産婦人科教室入局

(勤務病院)

日立造船因島総合病院
岡山済生会総合病院・医長
松山市民病院・医長
(現)徳島赤十字病院

平成4年7月

メイプルクリニック高橋産婦人科開業

看護スタッフ

私たち看護スタッフは、新しい生命の誕生という場に立ち会い、お世話をさせていただきます。 苦しいお産を乗り切って、母子の絆が結ばれる瞬間に立ち会い、皆様と喜びをともに感じられることを誇りに思っております。 外来では、患者様のプライバシーに配慮しながら診察のお手伝いをさせていただきます。
妊娠から産後までの悩みや不安など、私どもにいつでもご相談ください。

受付スタッフ

妊娠やご病気で、心配や不安とともに来院される患者の皆様と最初にお目にかかるのが、私たち受付職員です。
医師・看護師との橋渡し役として不安なこと、不明確であったことやご要望は何でもお気軽にご相談ください。 また、外来・入院料金に関することや出産に関する諸届け等についてもお気軽にお尋ねください。
明るく、誠意ある受付業務を心がけております。

厨房スタッフ

厨房では、衛生面や栄養面を考え、季節に応じたメニューやおやつを手作りし、皆さんに喜んでいただけるように心がけています。